特務艦艇(読み)とくむかんてい

百科事典マイペディアの解説

特務艦艇【とくむかんてい】

軍艦艇のうち直接戦闘には参加せず,兵員・装備・燃料・弾薬・食糧などの補給,工作,測量などにあたる艦,また練習艦,標的艦などの総称。今日では洋上補給を任務とするものを中心に支援艦船と呼ぶことが多い。日本の自衛艦には特務艦艇として砕氷艦,輸送艦,補給艦,海洋観測艦,練習艦などがある。
→関連項目軍艦警備艦ヘリコプター母艦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくむかんてい【特務艦艇】

旧日本海軍で用いられた艦艇の分類名称の一つで,直接戦闘には参加しないで,各種作戦の支援など雑多な任務に従事する特務艦と,主として港湾防備など局地防衛に用いられる小型の特務艇の総称。両者には本質的に大きな差があった。特務艦は,特務艦艇類別標準により,工作艦,砕氷艦,測量艦,標的艦,練習特務艦,運送艦(給油艦,給炭艦,給炭油艦,給兵艦,給糧艦および雑用艦)に分類された。任務が多岐にわたっているので,排水量も数百トンから数万トンにも及び,性能はその用途によって大差があったが,その任務に応じた特殊設備を有した艦が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android