コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特許企業 トッキョキギョウ

3件 の用語解説(特許企業の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とっきょ‐きぎょう〔トクキヨキゲフ〕【特許企業】

国から公企業の特許を受けて経営する事業。電気事業ガス事業など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とっきょきぎょう【特許企業】

国から経営権を付与された企業。電気事業・ガス事業・地方鉄道事業など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特許企業
とっきょきぎょう

国家から企業経営権の設定(公企業の特許)を受けて経営する企業。国家が企業経営権を排他的に留保して一般には民間にその経営を禁止するとともに、特定の場合にその経営権を私人に賦与するものと理論構成される。電気、ガス、水道、鉄道、自動車運送事業がその例とされてきた。国家的・公益的事業であるから、自由営業と異なり、国家は企業に対し、新規参入、料金などを規制するとともに、種々の保護を与え事業の助成を図る(土地収用特権、事業の独占性の賦与、補助金融資など)。他方、企業は継続して経営し一般公衆に利用提供する義務を負い(企業は正当な理由なくして利用を拒みえない)、各種の監督統制や負担に服するのが通例である。
 しかし、規制緩和の流れのなかで、料金は、すべて認可するのではなく、上限だけの規制が行われたり、新規参入も大幅に自由とされる傾向にあり、伝統的な特許企業の概念は揺らいでいる。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特許企業の関連キーワードクロス・ライセンス公企業公営企業私企業事業家海外技術研修員事業医薬品の特許出願人特許を受ける権利冒認出願

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特許企業の関連情報