狂妄(読み)キョウボウ

  • きょうぼう キャウバウ
  • きょうぼう〔キヤウバウ〕
  • きょうもう
  • きょうもう キャウマウ
  • きょうもう〔キヤウマウ〕

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
常軌を逸して道理にはずれた行動をする・こと(さま)。きょうもう。 惑溺-なる者/明六雑誌 8
名 ・形動 [文] ナリ 
きょうぼう(狂妄)に同じ。 斯くの如き-なる試験は/月世界旅行

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) (「ぼう」は「妄」の漢音) 正気を失って道理にはずれた行ないをすること。また、そのさま。きょうもう。
※公議所日誌‐八上・明治二年(1869)四月「愚考の儘、不顧狂妄奉申上候」
※明六雑誌‐八号(1874)教門論・五〈森有礼〉「惑溺狂妄なる者亦漸次観化する所ありて」 〔蘇轍‐為兄軾下獄上書〕
〘名〙 (形動) (「もう」は「妄」の呉音) =きょうぼう(狂妄)
※翁問答(1650)下「其心粗濶にして、その行跡狂妄(キャウモウ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android