惑溺(読み)わくでき

精選版 日本国語大辞典「惑溺」の解説

わく‐でき【惑溺】

〘名〙 ある事に深く迷って本心を失うこと。れること。
読本椿説弓張月(1807‐11)続「王その色に惑溺(ワクデキ)し、内外の事悉、そのいふ所を用ざる事なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「惑溺」の解説

わく‐でき【惑溺】

[名](スル)ある事に夢中になり、本心を奪われること。「酒色惑溺する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android