コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐疑 コギ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ぎ【×狐疑】

[名](スル)《狐(きつね)は疑い深い性質であるというところから》相手のことを疑うこと。
「こせこせとした其の態度と、―して居るような其容貌とは」〈長塚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こぎ【狐疑】

( 名 ) スル
〔狐きつねが疑い深い動物だということから〕
疑い深いこと。また、猜疑心さいぎしんをもつこと。 「怯懦にして-する人/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狐疑の関連キーワード乎・個・古・呼・固・壺・姑・孤・己・庫・弧・戸・扈・故・枯・沽・湖・狐・糊・股・胡・虎・虚・蠱・袴・誇・錮・雇・顧・鼓伎・偽・僞・儀・妓・宜・戯・戲・技・擬・欺・犠・犧・疑・祇・義・艤・蟻・誼・議・魏西国立志編槙村正直狐疑逡巡怯懦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android