コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅子吼 ししくsiṃhanāda

3件 の用語解説(獅子吼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

獅子吼
ししく
siṃhanāda

釈尊が説法する様子を獅子のほえる様子にたとえたもの。釈尊が大衆に恐れることなく説法することをいう。漢訳仏典では「師子吼」と書くのが通例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しし‐く【×獅子×吼】

[名](スル)
雄弁をふるうこと。意気盛んな大演説をすること。「壇上に獅子吼する」
仏の説法。獅子がほえて百獣を恐れさせるように、悪魔・外道(げどう)を恐れ従わせるところからいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ししく【獅子吼】

( 名 ) スル
〔伝灯録〕
獅子がほえること。
釈迦の説法・教説。獅子がほえて、百獣を恐れさせる威力にたとえていう。
熱弁をふるって真理・正義を説くこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

獅子吼の関連情報