コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅子吼 ししくsiṃhanāda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

獅子吼
ししく
siṃhanāda

釈尊が説法する様子を獅子のほえる様子にたとえたもの。釈尊が大衆に恐れることなく説法することをいう。漢訳仏典では「師子吼」と書くのが通例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しし‐く【×獅子×吼】

[名](スル)
雄弁をふるうこと。意気盛んな大演説をすること。「壇上に獅子吼する」
仏の説法。獅子がほえて百獣を恐れさせるように、悪魔・外道(げどう)を恐れ従わせるところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししく【獅子吼】

( 名 ) スル
〔伝灯録〕
獅子がほえること。
釈迦の説法・教説。獅子がほえて、百獣を恐れさせる威力にたとえていう。
熱弁をふるって真理・正義を説くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

獅子吼の関連キーワード中村吉右衛門(旧・初代)獅子吼・手取県立自然公園妙法院宮尭恕入道親王石川県白山市八幡町伊藤 すえ子尭恕入道親王鳥越[村]山田 三秋石川(県)川合 梁定獅子吼高原二十五菩薩高村光太郎獅子窟寺川合梁定獅子吼城手取峡谷颯田諦真6月2日古沢鸞動

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

獅子吼の関連情報