コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉ラシャ たまラシャ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉ラシャ
たまラシャ

毛織物の一種。ゆるく (よ) った毛糸を緯糸紡毛糸綿糸亜麻糸経糸に使って織る。そのあと,表面に (けば) をかき出して深く立て,それを小さな球状に丸めると,手ざわりの柔らかい厚地の織物となる。おもな用途はオーバー地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たま‐ラシャ【玉ラシャ】

表面に毛羽(けば)を立て、小さい玉状に丸めてある毛織物。コート地などにする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまラシャ【玉ラシャ】

布面に波状の毛羽のある厚地の紡毛織物。柔軟で厚みのある毛織物。主に外套用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉ラシャ
たまらしゃ

織物の表面に、もみ固められた玉あるいは波状の毛羽がある毛織物。紡毛織物を強く縮絨(しゅくじゅう)して起毛したのち、毛羽をすこし長く残すように剪毛(せんもう)し、これをナッピング・マシンnapping machineにかけて布面を蒸熱しながら、丸く回るように動揺する摩擦板でもんで毛羽を細かく丸めたものである。玉ラシャには、毛玉の小さいチンチラ、毛玉の大きいフロンコンネなどがある。用途は婦人オーバー地であるが、特殊なものであるため生産も少ない。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android