コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉ラシャ たまラシャ

4件 の用語解説(玉ラシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉ラシャ
たまラシャ

毛織物の一種。ゆるく撚 (よ) った毛糸を緯糸に紡毛糸か綿糸や亜麻糸を経糸に使って織る。そのあと,表面に毳 (けば) をかき出して深く立て,それを小さな球状に丸めると,手ざわりの柔らかい厚地の織物となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たま‐ラシャ【玉ラシャ】

表面に毛羽(けば)を立て、小さい玉状に丸めてある毛織物コート地などにする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たまラシャ【玉ラシャ】

布面に波状の毛羽のある厚地の紡毛織物。柔軟で厚みのある毛織物。主に外套用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉ラシャ
たまらしゃ

織物の表面に、もみ固められた玉あるいは波状の毛羽がある毛織物。紡毛織物を強く縮絨(しゅくじゅう)して起毛したのち、毛羽をすこし長く残すように剪毛(せんもう)し、これをナッピング・マシンnapping machineにかけて布面を蒸熱しながら、丸く回るように動揺する摩擦板でもんで毛羽を細かく丸めたものである。玉ラシャには、毛玉の小さいチンチラ、毛玉の大きいフロンコンネなどがある。用途は婦人オーバー地であるが、特殊なものであるため生産も少ない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉ラシャの関連キーワードウーステッド毛織物梳毛織物紡毛織物カルゼスコッチツイード羅紗カージー毛織呉絽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone