コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉味噌 タマミソ

3件 の用語解説(玉味噌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たま‐みそ【玉味×噌】

ソラマメを煮て麹(こうじ)と塩とをまぜ、団子に丸めて藁苞(わらづと)に包み、炉の上やかまどのそばに1、2年置いて熟成させた味噌。味噌玉。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

たまみそ【玉味噌】

①大豆またはそら豆を蒸したり煮たりして麹(こうじ)と塩を加え、砕いてだんご状にし、炉辺などにつるして熟成させて作るみそ。麹を用いず、自然につく菌で発酵させる作り方もある。◇「みそ玉」ともいう。
②練りみその一種で、白みそに卵黄・砂糖・酒・みりんなどを加え、弱火で練り上げたもの。そのまま田楽などに用いるほか、ゆずみそ木の芽みそなどのベースとして用いる。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たまみそ【玉味噌】

ソラマメを用いた味噌。団子に丸め、藁苞わらづとに包んで煙の通るかまどのそばに置き、1~2年熟成させる。長持ちするが、臭く品質は悪い。みそだま。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉味噌の関連情報