コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉皇 ぎょくこう Xù huáng

1件 の用語解説(玉皇の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくこう【玉皇 Xù huáng】

中国,宋以後の道教の最高神,玉皇大(上)帝のこと。北宋時代,真宗が1014年(大中祥符7)に〈太上開天執符御歴含真体道玉皇大天帝〉の尊称を奉り,また徽宗が天下の道観にその像を立てさせるなど,国家的規模で尊崇された。以後,唐代の元始天尊に替わる地位を占め,道教の諸神を統べる最高神として民衆にも広く親しまれ,正月九日の生誕祭は活況を呈した。台湾では,天公と愛称され,現在も民衆の信仰を集める。【砂山 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉皇の関連キーワード元始天尊自在天至上神宗密道士金丹皇大神儒道アフラマズダー併合罪の最高刑

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉皇の関連情報