コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元始天尊 げんしてんそん Yuan-shi Tian-zun

5件 の用語解説(元始天尊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元始天尊
げんしてんそん
Yuan-shi Tian-zun

中国,道教の最高神。道教は,最初は太上老君を最高神としていたが,南朝梁の陶弘景になるとそれを下げて,元始天尊を第一位に据えるようになった。諸神仙の主宰者であり,道教の教義は,天尊によって諸神仙に開示され,さらに諸神仙によって現世の人間に示されると考えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんし‐てんそん【元始天尊】

道教における最高神。道教では多くの神々が信仰されるが、それら神々の頂点に位置する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんしてんそん【元始天尊 Yuán shǐ tiān zūn】

道教の最高神。自然の気の応現とされる。6世紀後半,北周の甄鸞(けんらん)の《笑道論》にはじめてみえ,先行する最高神〈天始天王〉にとってかわった。がんらい漢訳仏典で使用された〈天尊〉の名をそなえるこの神は,仏教に対抗してつくりだされたものと考えられ,〈自然〉から〈陛下〉にいたる10種の称号をもつのも仏の十号に対応する。唐代に太上老君太上道君とあわせて三清の神となる。【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんしてんそん【元始天尊】

道教の最高神。自然の気より生じたとされる。玉皇大帝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元始天尊
げんしてんそん

道教の最高神。元始天王(げんしてんおう)はその古称。宇宙の原初において根源の一気から化生(かせい)して、天地万物を生み出す造物主であり、超因果・超時空の常住不滅の存在である。道教でいう三十六天の最上天である大羅天(だいらてん)の玉京山上の玄都に住して諸神を統御し、無数劫(ごう)にわたる天地の崩壊と再生のたびに、至上の教えである道教を開示して地上の人間の救済にあたる(これを開劫度人(かいごうどじん)という)とされる。道教の最高神は、3、4世紀には道家の祖とされる老子(ろうし)を神格化した太上老君(たいじょうろうくん)であったが、4、5世紀には老子の説く「道」そのものを神格化した太上道君が加上され、6世紀になってさらに元始天尊が加上された。初唐には上記の三神と三洞(さんどう)、三清境、三乗といった重要教理の対応が説かれ、元始天尊を中心とする道教教理体系がいちおう完成する。天尊は教理上は無形無象とされたが、実際には早くから仏像様の像がつくられた。また宋(そう)以降は、玉皇(ぎょくこう)、玉皇大帝などとよばれるようになった。[麥谷邦夫]
『窪徳忠著『道教史』(1977・山川出版社) ▽マスペロ著、川勝義雄訳『道教――不死の探求』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の元始天尊の言及

【道教】より

…この分類は唐代前半期の道教教理書《道門経法相承次序》や《道教義枢》などの記述をそのまま継承するものであり,このうち三洞のみの分類は,さらに古く5世紀,劉宋の道士陸修静のころまでは確実にさかのぼりうるであろうが,三洞とは上記のように洞真,洞玄,洞神をいう。 洞真部の道教経典は,《雲笈七籤》巻六に引く唐初に成立の《業報因縁経》に〈元始天尊は亦た天宝君とも名づけ,洞真経十二部を説く〉とあり,道教三尊,すなわち太上老君太上道君元始天尊,のうち出現が最も遅く,6世紀半ば以後と推定される元始天尊(〈天尊〉の語は漢訳仏典から始まる)の教誡を経典化したものであるが,この洞真部経典群の内容的な特色は,その代表的な経典《元始無量度人経》や《无上(むじよう)内秘真蔵経》などが最も良く示しているように,用語と思想とに仏教的な色彩の濃厚なことである。もちろん経典内容の基底部をなすものは,祝禱,禁呪,符醮などの天師道教団的な呪術宗教,いわゆる〈鬼道〉であり,儒教の〈神道〉の易学や祭礼の宗教哲学,また老荘道家の〈〉と〈真〉と〈元気〉の哲学,いわゆる〈真道〉の神学教理もまたその主要な部分を占めるが,これらの神学教理が仏教の思想哲学と結びつけられ折衷されて,しばしば聖道の教もしくは聖教,聖学とよばれているところに,この経典群の大きな特徴が見られる。…

※「元始天尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

元始天尊の関連キーワード浩然の気自在天至上神太上老君ビシュヌ派自然の事自然の数本然の性併合罪の最高刑玉皇

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone