コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王文治 おう ぶんち

4件 の用語解説(王文治の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

王文治

清代の文人。江蘇省丹徒生。治は禹卿、号は夢楼。乾隆35年(1770)進士となり、翰林院編修・侍講を経て雲南臨安知府に至る。文人墨客と交遊し、晩年は禅に潜心した。詩は袁枚と併称されて一家を成し、『夢楼詩集』『快雨堂題跋』等の著がある。書は楷書・行書・草書に優れ、帖学派の中心となる。嘉慶7年(1802)歿、73才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうぶんち【王文治 Wáng Wén zhì】

1730‐1802
中国,清代中期の書家。江蘇省鎮江の人。字は禹卿,号は夢楼。乾隆35年(1770)の進士。殿試第3位で合格し,翰林院編修,侍講を経て雲南臨安の知府となったが,後年は官を辞して文雅の生活を送った。詩は袁枚(えんばい)と並称される。梅・菊・竹石の画に長じたが,なかでも書は王羲之,趙子昂(ちようすごう)を宗として清雅,典麗な風格を誇り,劉墉,梁同書らとともに清代帖学(じようがく)派の大家と仰がれている。《夢楼詩集》の著がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王文治
おうぶんち
Wang Wen-zhi; Wang Wên-chih

[生]雍正8(1730)
[没]嘉慶7(1802)
中国,清の乾隆朝の書家。字は禹卿。号は夢楼。江蘇省丹徒県の人。乾隆 35 (1770) 年の進士。翰林院編修,侍講を経て雲南省臨安府知府となったが,官僚生活を嫌い江南に帰り,揚州の梅花書院などで自適した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王文治
おうぶんじ
(1730―1802)

中国、清(しん)朝中期の書画家。丹徒(江蘇(こうそ)省)の人。字(あざな)は禹卿(うけい)、号は夢楼(ぼうろう)。1770年(乾隆35)の進士。殿試に第三位で合格し、翰林院(かんりんいん)編修、侍講を経て、雲南臨安知府となったが、まもなく退官し、後年は文雅な生活を送った。天分豊かで、詩は袁枚(えんばい)と並び称され、書は趙子昂(ちょうすごう)、董其昌(とうきしょう)を宗として穏和で風格が高く、清代帖学派(ちょうがくは)の大家と仰がれる。画は梅、菊、竹石に巧みであり、仏法を信奉し、日々菜食したことは有名である。嘉慶(かけい)7年4月、室中に趺坐(ふざ)して卒す。著に『夢楼詩集』がある。[角井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone