コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王猛 おうもうWang Meng; Wang Mêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王猛
おうもう
Wang Meng; Wang Mêng

[生]太寧3(325)
[没]寧康3(375)
中国,前秦政治家。山東の人。字は景略。苻堅 (ふけん) に仕え,その即位後は最高の謀臣としての期待にこたえた。尚書令,都督中外諸軍事などとして前の実権を握った。五胡十六国を通じて屈指の政治家である。苻堅に東晋 (→) を討つべきでないことを遺言して死んだが,のち苻堅はそれに反して東晋を討ち,淝水 (ひすい) の戦いで大敗した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうもう【王猛】

325~375) 中国、前秦の宰相。字あざなは景略。苻堅ふけんを助け内政を充実させ、前燕ぜんえんを滅ぼし華北を統一した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の王猛の言及

【五胡十六国】より

…したがって漢族士大夫を登用して行政に当たらせることが行われ,聡明な胡族君主が有能な士大夫を信任して股肱とし,士大夫の方も君主の知遇を得て国事に身命を捧げた。石勒と張賓(?‐322),苻堅と王猛(325‐375)がその好例であり,そのようなとき国家は安定し繁栄した。しかし宗室による国軍の分統体制はしばしば内紛を生み,ついには政権の崩壊に結果した。…

【苻堅】より

…357年(永興1)暴君苻生(苻健の子)を殺して即位,大秦天王を称した。漢族士人王猛(325‐375)を信任して,氐族の政権を中国的王朝へ高めることに努めた。明堂を建て,藉田の礼を行い,学校を建設して儒学教育の振興を図り,また魏・晋以来の士族の戸籍を復活した。…

※「王猛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王猛の関連キーワード虱をひねって当世の務を談ず虱を捫って当世の務を談ず桓温華北宰相

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王猛の関連情報