コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淝水の戦い ひすいのたたかいFei-shui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淝水の戦い
ひすいのたたかい
Fei-shui

中国,東晋 (→) と前秦との間で行われた戦い。 淝水は安徽省にある川。太元8 (383) 年この川のほとりで,華北統一に成功した前秦の苻堅が勢いに乗じて東晋を滅ぼそうと大軍を送り,東晋側の謝玄らの率いる軍と対決した。戦いの結果,東晋の謝玄が大勝し,そのため苻堅のもとで統一を保っていた華北に再び大混乱が起り,南北両朝の対立を決定づけた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水の戦い
ひすいのたたかい

383年、中国統一をかけた東晋(とうしん)遠征において前秦(ぜんしん)が敗れた戦い。華北を統一し、東晋から四川(しせん)を奪った前秦の苻堅(ふけん)は自ら100万と号する大軍を率いて南下し、寿陽を落とした。これに対し東晋は、宰相謝安の甥(おい)謝玄が建康(南京(ナンキン))防衛にあたる北府軍団を中核とする8万の衆を率い、両軍は淮水(わいすい)の支流水を挟んで対峙(たいじ)した。苻堅は先鋒(せんぽう)を偽って退かせて東晋軍を誘ったが、兵は混乱して退却をやめず、そこを謝玄に強襲されて全軍総崩れとなり、「風の音や鶴(つる)の鳴き声にもおびえつつ」逃走(「風声鶴唳(ふうせいかくれい)」の語のおこり)、苻堅も負傷した。この敗戦によって前秦治下の各種族が独立し、華北は以前にも増して分裂の状態を迎える。南北対立を確定づけた戦いであったといえる。[窪添慶文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

淝水の戦いの関連キーワード慕容垂謝安

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android