コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球面計 きゅうめんけい spherometer

翻訳|spherometer

6件 の用語解説(球面計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

球面計
きゅうめんけい
spherometer

スフェロメータまたは球指 (たまざし) ともいう。球面の曲率半径を測定するための計器。正三角形の頂点に固定した三脚をもつ台の中央に上下動するマイクロメータが取付けられている。球面計を,測定する球面または平面の上に置き,中央のマイクロメータをゆっくり上下に動かして,その先端が球面または平面に接したときのマイクロメータの目盛りを読む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゅうめん‐けい〔キウメン‐〕【球面計】

球面の曲率半径を測る器械。ふつう凹凸の中心部の高さを測定し計算によって求めるものが用いられる。スフェロメーター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

球面計【きゅうめんけい】

スフェロメーターとも。球面の曲率半径を測定するための器具。三脚の台を球面にのせ,台の中央の可動脚を測微ねじで上下させて先端を球面に接触させ,三脚先端の平面からの高さを求めて曲率半径を計算する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうめんけい【球面計 spherometer】

球面の曲率半径の測定に用いられる器具。スフェロメーターともいう。図1に示すように正三角形の三つの頂点に相当する位置に固定した3本の脚,中心位置にマイクロメーターねじで上下に微動する脚がついたものである。まず固定脚を球面上に置き中心の脚を下げていき,その先端が球面に接触したときの位置を直立した目盛と円板上の目盛から読み取る。球面計を平面上に置いた場合の目盛の読みとの差hを測定すると,R=(d2/6h)+(h/2)で曲率半径Rが計算される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゅうめんけい【球面計】

球面の曲率半径を測る器械。三本の固定脚を球面にのせ、中心のマイクロメーターつき触針で中心部の高さを測り曲率半径を求めるもの。スフェロメーター。球指たまざし

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

球面計
きゅうめんけい

レンズや球面鏡など、球面形状をもつ物体面の曲率半径を測定する器械。スフェロメーターspherometerともいう。一般に使われるものは、先端のとがった3本の脚を等間隔に配置した台の中央に、マイクロメーターねじまたはダイヤルゲージ機構によって上下に動く脚を設け、その先端が物体面に触れる位置を読み取ることによって物体面中央部の高さを測定する。可動脚の先端が3脚の先端を含む平面上にある状態を基準として測った物体面中央部の高さと、3脚相互間の平均距離から球面の曲率半径を計算する。これは古典的な器械であり、近年では球面以外の形状も測定できる三次元測定機をこの目的に利用することが多い。三次元測定機はプローブ(探針)を対象物に接触させながら移動させて形状を測定するもので、理想の形状(たとえば球面)との差を表示することもできる。
 なお、球面の曲率半径は光学的方法によっても測定でき、このための装置も球面計とよんでいる。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

球面計の関連キーワードピボット球面鏡曲率円曲率半径ニュートンリング半径球差アッベの不変量ガウスの結像公式(球面)毛管圧の式

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone