コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琥珀酸 コハクサン

大辞林 第三版の解説

こはくさん【琥珀酸】

琥珀の乾留によって発見された二価カルボン酸の一種。無色粒状結晶。化学式 HOOC・CH2・CH2・COOH 天然の貝類、未熟な果実、発酵製品中に含まれ、現在はエチレンやベンゼンを原料として合成し、調味料にする。生体内では酸化・還元反応の過程の中間体として重要。 TCA 回路などの一員。ブタン二酸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

琥珀酸の関連キーワードレティナイトベンゼンエチレン合成酒中間体貝類

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android