コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓢箪山古墳 ひょうたんやまこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瓢箪山古墳
ひょうたんやまこふん

滋賀県近江八幡市にある古墳。丘陵の尾根の先端を利用した前方後円墳で,全長約 134m,後円部の径約 78m,後円部の高さ約 13m,前方部の幅 70m。後円部の中央に 3基の竪穴式石室長軸に直交した位置に並列している。その一つの大きさは長さ 6.6m,幅 1.3m,高さ 1.1mである。また前方部にも 2基の箱形石棺がある。夔鳳鏡(きほうきょう),二神二獣鏡鍬形石石釧(いしくしろ),車輪石筒形銅器,銅鍬,鉄斧,槍鉋,鎌などのほか,前方部の石棺から勾玉,管玉,丸玉,小玉など,多くの副葬品が発見された。これらの出土品から 4世紀中頃の造営とみられる。国の史跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瓢箪山古墳
ひょうたんやまこふん

古墳の形状が名称の由来となった瓢箪山という古墳は各地にあるが、大阪府東大阪市四条町の双円墳と、滋賀県近江八幡(おうみはちまん)市の前方後円墳とが名高い。とくに安土瓢箪山古墳(長さ162メートル)は、1936年(昭和11)に調査が行われ、後円部での三つの竪穴(たてあな)式石室のほか、前方部でも二つの箱式石棺の存在が明らかとなり、前期古墳での複数の埋葬施設のある好例となった。後円部の石室のうち、中央の石室がりっぱで、内部に長大な木棺を納めていたと推定される。銅鏡、碧玉(へきぎょく)製品(鍬形石(くわがたいし)、車輪石(しゃりんせき)、石釧(いしくしろ))、管玉(くだたま)、筒形銅器、鉄製刀剣、鉄鏃(てつぞく)、銅鏃、鉄製短甲(たんこう)など副葬品が豊かであった。他の二石室には副葬品は少なく、前方部の石室も石釧と勾玉(まがたま)、管玉などだけが出土した。1957年(昭和32)国史跡に指定された。[森 浩一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瓢箪山古墳の関連キーワード滋賀県近江八幡市安土町桑実寺滋賀県立安土城考古博物館大阪府東大阪市瓢箪山町瓢箪山古墳〈奈良県〉滋賀県近江八幡市佐紀盾列古墳群安土縄手

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android