コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生保内 おぼない

2件 の用語解説(生保内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生保内
おぼない

秋田県東部,仙北市中東部の旧町域。田沢湖畔にある。 1953年町制施行。 1956年田沢村,神代村と合体して田沢湖町となり,2005年角館町,西木村と合体して仙北市となった。近世には盛岡藩につながる街道沿いの要衝として番所が設けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生保内
おぼない

秋田県中東部、仙北(せんぼく)市田沢湖地区(旧仙北郡田沢湖町)の中心地。旧生保内町は1956年(昭和31)に田沢湖町、2005年(平成17)仙北市となった。玉川と生保内川の合流点に位置する。生保内街道が奥羽山脈を越える国見峠があり、江戸時代には南部(なんぶ)領へ通じ、口番所が置かれた。この地で生まれた『生保内節』は秋田の代表的民謡として親しまれている。仙北市の市役所の所在地で、自生レンゲツツジの咲く生保内公園がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の生保内の言及

【田沢湖[町]】より

…玉川流域の南北に長い広大な地域を占め,西部に田沢湖がある。中心の生保内(おぼない)は,近世には国見峠越えで秋田藩領と盛岡藩領を結ぶ交通の要地で,宿場町として発達し,関所も置かれた。1923年には生保内線が通じ,66年に田沢湖線として盛岡まで全通した。…

※「生保内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生保内の関連情報