コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳頭温泉郷 にゅうとうおんせんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳頭温泉郷
にゅうとうおんせんきょう

秋田県東部,烏帽子岳 (乳頭山) 西麓の先達川に沿って点在する温泉群。仙北市に属する。鶴の湯温泉,蟹場温泉,孫六温泉,黒湯温泉などがあり,いずれも湯治場国民保養温泉地に指定されている。泉質は単純泉硫黄泉などがあり,効能も神経痛,リウマチ,胃腸病,婦人病などさまざまで,湯治客が多い。湯量が豊富で,露天の共同浴場があり,素朴な湯治場景観を呈する。近くに田沢湖高原国民休暇村があり,夏はキャンプ,冬はスキー客でにぎわう。駒ヶ岳烏帽子岳の登山基地としても利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうとうおんせんきょう【乳頭温泉郷】

秋田県東部,仙北郡田沢湖町にある温泉群。烏帽子(えぼし)岳(乳頭山,1478m)西斜面を下る先達(せんだつ)川上流の谷間にあり,鶴ノ湯,黒湯,孫六湯,蟹場(がにば),大釜,妙ノ湯の6温泉からなる。泉質は硫化水素泉,硫黄泉,単純泉などで,泉温は60℃前後が多く,湧出量はいずれも豊富である。これらの温泉は,仙北地方の農民を主とした農閑期利用の湯治場であるが,1952年田沢湖線田沢湖駅から直通バスが通じてから利用客が増大し,国民休暇村もできて温泉も近代化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳頭温泉郷
にゅうとうおんせんきょう

秋田・岩手県境の乳頭山(烏帽子(えぼし)岳)西麓(せいろく)に点在する温泉の総称。玉川の支流先達(せんだち)川沿いに上流から孫六(まごろく)、黒湯、大釜(おおがま)、蟹場(かにば)、妙(たえ)乃湯、鶴(つる)の湯がある。標高800メートルの高地にあり、湯治場的雰囲気を保っている。鶴の湯がもっとも古く、秋田藩主も入湯したという。十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園域で、近くには休暇村乳頭温泉郷がある。JR田沢湖線(秋田新幹線)田沢湖駅からバスの便がある。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

乳頭温泉郷の関連キーワード烏帽子岳(岩手・秋田県境)田沢湖抱返り県立自然公園秋田県仙北市田沢湖生保内孫六温泉への避難勧告十和田八幡平国立公園黒湯[温泉]生保内

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乳頭温泉郷の関連情報