コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西木 にしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西木
にしき

秋田県東部,仙北市西部の旧村域。田沢湖の西岸に接する。 1956年西明寺村と檜木内村が合体し西木村が発足。 2005年田沢湖町,角館町と合体して仙北市となった。中央を南北に玉川の支流檜木内川が流れ,沿岸部を除いてほとんどが山野。林業が主産業で,木工製品や木炭を産する。西明寺栗が特産品。ホウレンソウの栽培も行なわれる。田沢湖畔は田沢湖抱返り県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西木
にしき

秋田県中央部、仙北郡にあった旧村名(西木村(むら))。現在は仙北市西木町で、市の西部を占める。出羽(でわ)山地にあり、田沢湖西岸に位置する。旧西木村は、1956年(昭和31)檜木内(ひのきない)、西明寺(さいみょうじ)の2村が合併して成立。2005年(平成17)田沢湖、角館(かくのだて)の2町と合併して市制施行、仙北市となった。秋田内陸縦貫鉄道、国道105号が地域中央を走る。中央を檜木内川が南流し、その沿岸と南部に平地があるが、その他は林野が占め、そのうちの半分以上が国有林である。農業は米作中心で肉牛飼育も行われる。西明寺グリの栽培も知られている。戸沢ささら(獅子(しし)舞)は県の無形民俗文化財。[宮崎禮次郎]
『『西木村郷土史資料』全3巻(1961~1963・西木村) ▽『西木村郷土史』2巻(1980、2000・西木村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西木の関連キーワードケープタウンから来た手紙秋田県仙北市西木町西明寺秋田県大館市比内町八木橋四天王寺址[大韓民国]夢顔さんによろしくオホーツク諜報船田沢湖(旧町名)阿津賀志山の戦ラブライブ!秋田県仙北市仙北(市)5月25日生田 耕作宝蔵院胤栄仙北[市]端島の女藤原国衡宝蔵院流凍れる瞳六条通り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西木の関連情報