コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗雲 アンウン

デジタル大辞泉の解説

あん‐うん【暗雲】

真っ黒な雲。今にも雨や雪が降りだしそうな気配のある暗い雲。「暗雲が垂れ込める」
戦争などの危機が迫りくる気配。「国際情勢に暗雲が漂う」
心を覆い閉ざしている苦しみや悩み。「暗雲が一挙にはれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんうん【暗雲】

日の光をさえぎっている黒い雲。 「 -が垂れこめる」
何か事件が起こりそうな、不穏な気配。 「両国の間に-がたちこめる」 「 -低迷」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

暗雲の関連キーワード垂れ込める・垂れ籠める・垂れ篭めるイスラエル・トルコ軍事協定云・吽・暈・蘊・運・雲天安門事件(第2次)スリランカの和平交渉血の日曜日事件片翼だけの天使ワールドカップスーダン(国)フレミング不破内親王生島 治郎源氏物語天気俚諺黒雲疾電蔽掩低迷超人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暗雲の関連情報