コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田丸稲之衛門 たまる いなのえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田丸稲之衛門 たまる-いなのえもん

1805-1865 幕末の武士。
文化2年生まれ。山国(やまぐに)兵部の弟。常陸(ひたち)水戸藩士。尊攘(そんじょう)派。目付,町奉行などをつとめる。元治(げんじ)元年藤田小四郎らと筑波(つくば)山で挙兵,天狗(てんぐ)党の総帥となり,各地を転戦。京都にむかう途中,加賀金沢藩に降伏し,2年2月4日越前(えちぜん)(福井県)敦賀で処刑された。61歳。名は直允(なおまさ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田丸稲之衛門

没年:慶応1.2.4(1865.3.1)
生年:文化2(1805)
幕末の天狗党(筑波勢)の首領となった尊攘派水戸藩士。諱は直允,稲之衛門と称す。父は山国共綿。田丸直諒の養子。天保10(1839)年,天保検地の際の縄奉行,弘化1(1844)年家督相続し,嘉永2(1849)年書院番組頭,安政5(1858)~7年の戊午の密勅返納問題では返納に反対し,同7年に左遷,文久3(1863)年に町奉行。元治1(1864)年,激派の藤田小四郎らと会談,筑波山挙兵の大将になることを承諾,3月に挙兵,藩主目代松平頼徳の軍と共に諸生党軍と交戦,頼徳軍投降後,幕府軍,諸生党軍に敗北。10月,武田耕雲斎をいただいて上京し一橋慶喜に訴えようとしたが,途中で金沢藩に降伏,幕命により越前国(福井県)敦賀で斬罪

(吉田昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田丸稲之衛門
たまるいなのえもん
(1805―1865)

幕末期の志士。水戸藩士山国弥左衛門(やざえもん)の子、田丸直諄(なおあき)の養子。名は直允(なおまさ)。書院番組頭、目付(めつけ)を経て町奉行(ぶぎょう)。藩の天保(てんぽう)改革に功績あり。藩主徳川斉昭(なりあき)失脚中はその雪冤(せつえん)運動に挺身(ていしん)、1864年(元治1)藤田小四郎(こしろう)らと筑波(つくば)山に尊王攘夷(じょうい)を旗印に挙兵、筑波天狗(てんぐ)党の総帥となり、各地に転戦したが利なく、武田耕雲斎(こううんさい)らとともに上洛(じょうらく)する途中、越前(えちぜん)国(福井県)新保(しんぼ)で加賀藩に降伏、敦賀(つるが)で刑死。その性質は実直、軍学に通じていたという。[秋山高志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田丸稲之衛門の言及

【天狗党の乱】より

…水戸藩主徳川斉昭の下で改革政治に登場した者が天狗と呼ばれ,尊攘激派を中心とした天狗党は,保守派とくに諸生党と激しく対立した。1863年(文久3)8月18日の政変で尊攘運動が挫折すると,天狗党の藤田小四郎らは幕府に攘夷の実行を促すため,田丸稲之衛門を総帥として翌64年3月27日筑波山に挙兵した。当初攘夷祈願のため日光に向かうが,はじめから軍資金不足に悩まされ,近在の諸藩や豪農商に金穀を強要することが多かった。…

※「田丸稲之衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田丸稲之衛門の関連キーワード天狗党の乱滝口六三郎中村親之介市毛孝之介尼子久次郎小野藤五郎樫村平太郎稲田重蔵山国兵部

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android