コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田代清秋 たしろ きよあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田代清秋 たしろ-きよあき

1820-1877 江戸後期-明治時代の歌人。
文政3年10月18日生まれ。桂園派の山田清安,八田知紀(はった-とものり),香川景恒(かげつね)にまなぶ。枚岡神社,湊川神社,石上(いそのかみ)神宮などの神職を歴任した。歌は「忘貝」「小門の汐干」などにみえる。明治10年6月26日死去。58歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。通称は太郎太。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田代清秋の関連キーワードアンペールおもなお雇い外国人阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイマッカーティー吉雄常三嘉慶帝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android