コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湊川神社 みなとがわじんじゃ

7件 の用語解説(湊川神社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湊川神社
みなとがわじんじゃ

兵庫県神戸市中央区多聞通に鎮座する元別格官幣社楠木正成を主神とし,楠木正行,楠木正孝ら一族将士を配祀する。正成没所といわれる地に明治5(1872)年創建された。例祭 7月12日。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなとがわ‐じんじゃ〔みなとがは‐〕【湊川神社】

神戸市中央区にある神社。祭神は楠木正成ほか一族の将士。明治5年(1872)正成の墓のある地に創建。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

湊川神社【みなとがわじんじゃ】

神戸市中央区多聞通に鎮座。旧別格官幣社楠木正成をまつる。社地は1336年正成戦死の地。徳川光圀(みつくに)建立の墓碑がある。創建は1872年。例祭は7月12日。
→関連項目神戸[市]中央[区]湊川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

湊川神社

兵庫県神戸市にある神社。創祀は1872年。祭神は楠木正成公(大楠公)、楠木正行公、楠木正季卿、菊池武吉卿、大楠公夫人。境内にある楠木正成の墓碑は国指定史跡。通称、楠公(なんこう)さん。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなとがわじんじゃ【湊川神社】

神戸市中央区にあり,楠木正成をまつる。1336年(延元1∥建武3),正成は九州から攻め上る足利尊氏を迎え撃ち,ここで敗死した。1692年(元禄5)に徳川光圀は,水田の中にあった小さな塚に〈嗚呼忠臣楠子之墓〉と自書した墓碑を建てた。幕末に尊王論が高まると,正成顕彰がさかんになり,1872年(明治5),明治政府は湊川神社を創建し別格官幣社に列した。正成の子正行以下16人を配祀する。例祭は7月12日。【大隅 和雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなとがわじんじゃ【湊川神社】

神戸市にある神社。楠木正成を主祭神とする。1872年(明治5)の創建。楠公なんこうさん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湊川神社
みなとがわじんじゃ

兵庫県神戸市中央区多聞通(たもんどおり)に鎮座。旧別格官幣社。楠木正成(くすのきまさしげ)(大楠公(だいなんこう))を主祭神に、正季(まさすえ)、正行(まさつら)(小楠公)、大楠公夫人以下一族殉難将士の霊を配祀(はいし)する。大楠公に対する尊敬は公の生前中にもみられたが、ことに江戸期の1692年(元禄5)徳川光圀(みつくに)が大楠公討ち死にの地湊川に「嗚呼(ああ)忠臣楠子之墓」と刻んだ墓碑を建てて以来、公を慕う精神は全国に流布した。明治維新なるや、1868年(慶応4、9月改元し明治1)明治天皇は勅令(湊川神社創祀御沙汰書(ごさたしょ))を出し、72年5月24日鎮祭されたのが現在の湊川神社である。例祭7月12日。宝物に大楠公着用と伝える段縅(だんおどし)腹巻一領(国重要文化財)、1335年(建武2)大楠公自筆の法華経(ほけきょう)奥書一幅(重文)などがある。[平泉隆房]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の湊川神社の言及

【国家神道】より

…69年には宣教使がおかれ,翌年には大教宣布の詔が下されて,祭政一致のイデオロギーによる国民教化の方針がいっそう明確にされた。また,東京招魂社(のちの靖国神社),楠社(のちの湊川神社)など新しい神社がつくられ,天長節,神武天皇祭などの祝祭日を定めて,全国的に遥拝式が行われたりした。 神祇官を中心とするこうした諸政策は,神道国教化政策と呼ばれている。…

【別格官幣社】より

…1868年(明治1),神祇官が再興され,71年には新しい官国幣社が定められたが,官幣社は歴代天皇・皇族をまつる神社と皇室の尊崇の厚かった神社,国幣社は延喜の制における国幣社と国土経営上重要な役割を果たした神社が列せられ,官幣社,国幣社ともに大・中・小の社格に分けられた。74年,楠木正成をまつる神戸の湊川(みなとがわ)神社が創建されると,祭神が皇族でも天神地祇でもなかったので,国家のために特に功労のあった人臣をまつる神社を別格官幣社に列する制度を75年に設け,祭祀は官幣小社に準ずることとした。同年,豊臣秀吉をまつる京都の豊国(とよくに)神社と,徳川家康をまつる日光の東照宮が別格官幣社となり,その後,年を追って増加し,1945年までに28社に達した。…

※「湊川神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湊川神社の関連キーワード楠木流兵庫県神戸市中央区明石町兵庫県神戸市中央区江戸町兵庫県神戸市中央区北野町兵庫県神戸市中央区京町兵庫県神戸市中央区神戸港地方兵庫県神戸市中央区多聞通兵庫県神戸市中央区浪花町兵庫県神戸市中央区西町兵庫県神戸市中央区波止場町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湊川神社の関連情報