コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美田 ビデン

デジタル大辞泉の解説

び‐でん【美田】

地味のよく肥えた田地。「児孫のために美田を買わず」
[補説]書名別項。→美田

びでん【美田】[書名]

中村草田男の第7句集。昭和42年(1967)刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びでん【美田】

地味の肥えた、作物のよくとれる田地。 「児孫のために-を買わず」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

美田の関連キーワード備・媚・尾・弥・微・眉・美・靡・鼻アカギツネとふしぎなスプレーテイヤール・ド・シャルダン島根県隠岐郡西ノ島町別府伝・傳・殿・澱・田・電隠岐の田楽と庭の舞中島(石川県)富田(三重県)亀田(新潟県)ヒンドゥー教西ノ島(町)中村 草田男田楽(芸能)関 直右衛門加治川(川)飯田川[町]沢田清兵衛富良野盆地美田村顕教新潟(県)

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美田の関連情報