コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村怡与造 たむら いよぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村怡与造 たむら-いよぞう

1854-1903 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)7年10月11日生まれ。陸軍士官学校在学中,西南戦争出征。明治20年ドイツに留学。日清(にっしん)戦争に従軍。のち川上操六(そうろく)のもと参謀本部で活躍。35年参謀次長にすすむ。明治36年10月1日死去。50歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。陸軍中将。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田村怡与造

没年:明治36.10.1(1903)
生年:安政1.10.11(1854.11.30)
明治時代の陸軍軍人。山梨県東八代郡の中尾神社神官田村義事の長男。兄弟3人(弟沖之甫,守衛)共に,陸士の軍刀組に数えられた秀才,しかし3人共病を得て中将で終わる。娘は陸軍大将山梨半造,同中将本間雅晴に嫁ぐ。怡与造は小学校教員を経て陸軍士官学校入校。西南戦争の際は同校生徒で出征,15年から21年までドイツに長期留学した。帰国後監軍部参謀,参謀本部第1局員を経て,日清戦争(1894~95)では大本営兵站総監部参謀,次に山県有朋の率いる第1軍の副参謀として出征。参謀長小川又次と作戦計画で意見が合わず無断で帰国,参謀次長川上操六のとりなしで大本営陸軍部幕僚付,歩兵第9連隊長。戦後ドイツ公使館付,帰国後再び参謀本部に入った。33年参謀総長川上が急逝し,35年次長となって参謀本部を切り回し,「今信玄」と呼ばれた。日露戦争(1904~05)を前にして,ひとりで対露作戦を策定したが,開戦直前に急死,死後中将に進む。<参考文献>金子空軒『近代武人百話』

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

田村怡与造の関連キーワード田村沖之甫青木宣純石光真清田村守衛伊藤智子嘉永

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android