京浜東北線(読み)けいひんとうほくせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「京浜東北線」の解説

京浜東北線
けいひんとうほくせん

大宮から東京都心部を通り京浜地区へ走る鉄道の通称。 JR東日本。大宮赤羽-東京間 30.3kmは東北本線,東京-横浜間 28.8kmは東海道本線,横浜-洋光台-大船間 22.1kmは根岸線と,3線区にわたり運転される。全長 81.2km。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「京浜東北線」の解説

京浜東北線【けいひんとうほくせん】

横浜〜大宮間のJR線の愛称。正式には横浜〜東京間は東海道本線,東京〜大宮間は東北本線である。根岸線直通運転される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「京浜東北線」の解説

けいひんとうほく‐せん【京浜東北線】

東北本線大宮駅から東京駅を経由して東海道本線横浜駅までと、横浜駅からは根岸線に乗り入れるJR電車線。三線乗り入れ電車名で、路線名ではない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「京浜東北線」の解説

けいひんとうほくせん【京浜東北線】

東海道本線横浜駅と東北本線大宮駅間の近郊電車を中・長距離列車から特に区別して表す名称。JRの線路名称ではなく,旅客の案内等に用いられている通称。全長59.1km。線路名称では東京~横浜間は東海道本線,東京~大宮間は東北本線である。もともと電車運転は,都市周辺の人口集中に伴う長距離旅客と近距離旅客の分離輸送および大量輸送を目的として開始された。この区間での電車運転は1909年品川~烏森(,新橋)間に山手線電車を延長運転したのが最初で,現在の東京~横浜間の電車運転は14年,桜木町までの延長は翌年のことであり,当時これを京浜線と称していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android