コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京浜東北線 けいひんとうほくせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京浜東北線
けいひんとうほくせん

大宮から東京都心部を通り京浜地区へ走る鉄道の通称。 JR東日本。大宮-赤羽-東京間 30.3kmは東北本線,東京-横浜間 28.8kmは東海道本線,横浜-洋光台-大船間 22.1kmは根岸線と,3線区にわたり運転される。全長 81.2km。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいひん‐とうほくせん【京浜東北線】

東北本線大宮から東海道本線大船に至るJR線の電車路線区間の通称。東北本線・東海道本線・根岸線の3線にわたり運行される。名称は京浜地方と東北本線を結ぶところから。全長81.2キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

京浜東北線【けいひんとうほくせん】

横浜〜大宮間のJR線の愛称。正式には横浜〜東京間は東海道本線,東京〜大宮間は東北本線である。根岸線直通運転される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいひんとうほくせん【京浜東北線】

東海道本線横浜駅と東北本線大宮駅間の近郊電車を中・長距離列車から特に区別して表す名称。JRの線路名称ではなく,旅客の案内等に用いられている通称。全長59.1km。線路名称では東京~横浜間は東海道本線,東京~大宮間は東北本線である。もともと電車運転は,都市周辺の人口集中に伴う長距離旅客と近距離旅客の分離輸送および大量輸送を目的として開始された。この区間での電車運転は1909年品川~烏森(現,新橋)間に山手線電車を延長運転したのが最初で,現在の東京~横浜間の電車運転は14年,桜木町までの延長は翌年のことであり,当時これを京浜線と称していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

京浜東北線の関連キーワード成田スカイアクセス東京駅延伸計画上野東京ライン大森(東京都)CIAL鶴見東京都北区東北縦貫線桜木町事件桜木町事故浦和[区]浦和[市]芝園団地西[区]大森貝塚南[区]秋葉原大宮区滝野川荒川区浦和区

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京浜東北線の関連情報