コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ゆ【由】[漢字項目]

[音](呉) ユウ(イウ)(漢) ユイ(慣) [訓]よし よる
学習漢字]3年
〈ユ〉
そこから出てくる。通ってくる。「由来経由
ある事柄の生じたわけ。いわれ。「由縁来由
〈ユウ〉
そこから出てくる。よる。「自由
わけ。いわれ。「因由(いんゆう・いんゆ)縁由事由理由
〈ユイ〉わけ。いわれ。「由緒
[名のり]ただ・き・より

ゆい【由】[漢字項目]

ゆう【由/油】[漢字項目]

〈由〉⇒
〈油〉⇒

よし【由/因】

《動詞「寄す」の名詞化で、物事と関係づけていくことの意》
物事が起こった理由。わけ。また、いわれ。来歴。由緒(ゆいしょ)。「事の―を伝える」「―ありげな寺院」
そうするための方法。手段。手だて。また、かこつける方法。口実。「知る―もない」「会う―もない」
物事の内容。事の趣旨。むね。「この―をお伝えください」
伝え聞いた事情。間接的に聞き知ったこと。「御病気の―承りました」
それらしく見せかけること。体裁をつくること。また、表面にあらわれたようす。体裁。格好。
「所々うちおぼめき、よく知らぬ―して」〈徒然・七三〉
風情。趣。また、教養。
「きよげなる屋廊などつづけて、木立いと―あるは」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よし【由】

〔四段動詞「寄す」の連用形から。よりどころとされるものの意が原義〕
物事の理由や事情。いわく。 「ことの-を聞く」
聞いた話や知っていることの内容。 「御元気の-何よりです」
手段。方法。てだて。 「知る-もない」 「間近けれども逢ふ-の無き/古今 恋一
口実。言い訳。 「妹が門行き過ぎかねつひさかたの雨も降らぬかそを-にせむ/万葉集 2685
それらしく振る舞うこと。そぶり。ふり。 「刀を帯する-あらはすといへども/平家 1
風情。情緒。 「母北の方なむ、古の人の-あるにて/源氏 桐壺
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【ユリ】より

…日本音楽における装飾的技法,あるいは,その旋律の称。揺,由里,淘とも書く。声にも楽器にも存在する。…

※「由」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

由の関連キーワード民は之に由らしむべし,之を知らしむべからず大阪府八尾市八尾木北山形県鶴岡市湯田川沢村宗十郎(3世)松井由輔(初代)富山県射水市高木知らしむべからず称徳天皇と道鏡隅田春妓女容性石黒藤右衛門打ちおぼめく嘉永朋党事件多賀庵由池聚楽行幸記鏡新明智流伊勢新百韻高崎崩れ未了の因無声の詩中川乙由

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由の関連情報