コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林間学校 りんかんがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林間学校
りんかんがっこう

学校の教育行事の一つ。夏季の一定期間,山林など自然環境に恵まれた施設に児童生徒を合宿させ,野外活動水泳,合宿集団訓練,生活訓練を行い,体力や健康の増進をはかるための行事。昭和以降盛んに行われている。また虚弱な児童生徒の治療と教育を目的として,林間に設けられる学校施設をいうこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りんかん‐がっこう〔‐ガクカウ〕【林間学校】

夏休みなどに、高原など涼しい土地で児童・生徒を合宿させ、野外活動などを通して心身の鍛練、集団生活の指導などを行うこと。また、そのための施設。 夏》「日蔭蝶追うて―へ/虚子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りんかんがっこう【林間学校】

山麓や高原などにおいて,保養,身体訓練,レクリエーションなどのために設けられる学校施設。夏期一定期間に限ってキャンプ生活をする場合には,学校キャンプと呼ぶこともある。臨海学校に比べて歴史は新しい。当初はおもに虚弱児の保養と健康回復のための施設として設けられた。1905年東京市の精華小学校が群馬県妙義山麓に設けた休暇集落がその最初といわれる。17年には社団法人白十字会が神奈川県茅ヶ崎海岸に最初の虚弱児保養常設施設として茅ヶ崎林間学校を設立し,以後小児結核予防運動の一環としてしだいに各地に設けられ,38年には公私立16施設に達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りんかんがっこう【林間学校】

夏休みなどに、林間・高原などで集団生活をしながら、児童・生徒の健康促進などを目的として行われる教育活動。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林間学校
りんかんがっこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

林間学校の関連キーワードペーター ローゼッガー病弱・身体虚弱教育災害共済給付制度サマーキャンプ秋山 金次郎ローゼッガー神奈川(県)上北山(村)自然休養林植木 憲道秋山金次郎甲信越地方清水敬子フォコン修学旅行夏休み小諸市飯縄山御岳山花園

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林間学校の関連情報