コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲状腺刺激ホルモン こうじょうせんしげきホルモンthyroid stimulating hormone; TSH

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲状腺刺激ホルモン
こうじょうせんしげきホルモン
thyroid stimulating hormone; TSH

甲状腺ホルモン thyrotrophic hormone; thyrotropinともいう。下垂体前葉から分泌され,甲状腺の機能を促進するホルモン。甲状腺ホルモンは下垂体前葉に作用して,甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑制していて互いにバランスを保っている。甲状腺機能亢進症では TSHは抑制され,反対に低下症の場合には刺激されて分泌がふえることが多い。 TSHは糖蛋白質でガラクトサミン,グルコサミンを含んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

甲状腺刺激ホルモン【こうじょうせんしげきホルモン】

TSH

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

甲状腺刺激ホルモン

 チロトロピンともいう.下垂体前葉から分泌されるペプチドホルモンで,甲状腺に作用し,甲状腺細胞の増殖や甲状腺ホルモンの分泌を促進する.甲状腺ホルモンが下垂体前葉に働くと,このホルモンの分泌が抑制される.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうじょうせんしげきホルモン【甲状腺刺激ホルモン】

脳下垂体前葉で産生され、血中へ分泌される糖タンパク質性ホルモン。甲状腺の濾胞ろほうを成長させ、甲状腺ホルモンの分泌を促す。 TSH 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲状腺刺激ホルモン
こうじょうせんしげきほるもん

甲状腺の機能の発達、維持(甲状腺ホルモンの合成・放出)に関与する下垂体前葉ホルモンで、TSH(thyroid stimulating hormoneの略)と表記されることが多い。TSHは糖タンパクで、α(アルファ)とβ(ベータ)の2本の鎖からできている。分子量は2万5000~2万8000で、ホルモンとしての活性部位はβ鎖にある。正常なヒトの血漿(けっしょう)中ではTSHの濃度は1ミリリットル当り5ナノグラム以下で、分泌されたホルモンは代謝されて1時間たらずで半減してしまう。[菊山 栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の甲状腺刺激ホルモンの言及

【TSH】より

…甲状腺刺激ホルモンthyroid‐stimulating hormoneまたはチロトロピンthyrotropinともいう。甲状腺の形態と機能の維持に最も重要な役割を果たしているホルモンである。…

【脳下垂体】より


[前葉と前葉ホルモン]
 腺下垂体の前葉からは数多くのホルモンが分泌されるが,現在までに完全にわかっているものは6種類である。すなわち,成長ホルモン,プロラクチン,副腎皮質刺激ホルモン,甲状腺刺激ホルモン,卵胞刺激ホルモン,黄体形成ホルモンである。このほか最近の説ではリポトロピンエンドルフィン,エンケファリンも分泌されるという。…

※「甲状腺刺激ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲状腺刺激ホルモンの関連キーワードギルマン(Roger Charles Louis Guillemin)亜急性甲状腺炎(デュ・クェルバン甲状腺炎)ロジャー・チャールズ・ルイス ギルマン甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン甲状腺刺激ホルモン放出因子プロラクチン放出ホルモン下垂体性TSH分泌亢進症チロトロピン放出ホルモン胎盤性性腺刺激ホルモン脳下垂体前葉ホルモンホルモン受容体異常症下垂体前葉機能低下症脳下垂体ホルモン剤生殖腺刺激ホルモン下垂体機能亢進症甲状腺機能低下症下垂体前葉β細胞ピログルタミン酸甲状腺性小人症チログロブリン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲状腺刺激ホルモンの関連情報