コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男根期 だんこんきphallic stage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男根期
だんこんき
phallic stage

リビドーの幼児期における体制の一段階で,口唇期と肛門 (こうもん) 期の後に続き,さまざまな部分欲動が性器優位の下に統合されるのがその特徴である。しかし,思春期の性器体制と異なるところは,子供は男児も女児も,この段階では,唯一の性器,すなわち男性性器しか知らず,両性の対立は,男根所有者/被去勢者という対立に等しいということである。つまり,男性的/女性的という対立は思春期になって成立する。男根期は,エディプスコンプレクスの絶頂時から消滅時に呼応しており,そこでは去勢コンプレクスが優勢を占める。すなわち,男児は女児にないペニスに対して自己愛的な関心を持つゆえに,去勢の脅威がエディプスコンプレクスの消滅にとって有効性を持つのである。一方,女児の男根期はペニス羨望によって特色づけられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だんこん‐き【男根期】

精神分析用語肛門期に続く小児性欲発達の第三段階。3~6歳ぐらいまでの、性器が性感の場所になるが、性の対象を求めるに至らない時期。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんこんき【男根期】

精神分析で、肛門期に次ぐ小児性欲の発達段階。性器に心的エネルギーが向けられる三~六歳頃までの時期。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男根期
だんこんき
phallic phase

フロイトの性心理的発達段階において口唇期、肛門(こうもん)期に続く第3段階で、およそ3歳から6歳の時期のことをいう。身体的に成熟し、男女両性の身体的な差異に関心が集まってくるため、性的エネルギーと攻撃的エネルギーが性器(ペニスとクリトリス)に向けられる時期である。しかしこの時期の児童には、生物学的な意味での男女の区別はなく、男根をもつものともたないもの、言い換えれば去勢されていないものと去勢されたものとの区別しかないので男根期とよばれる。男根期においては対象愛は親に向けるほかはなく、男の子にとっては母親が愛の対象となるが、この愛は母親から拒絶され父親から復讐(ふくしゅう)されるかもしれないという不安を引き起こす。そのため対象愛は抑圧され、同性の親との同一視がおこり超自我が形成される。このように男根期は、エディプス・コンプレックスが出現し、衰退していく時期でもあるのでエディプス期ともいう。なお、男根期やエディプス・コンプレックスの概念は、男性優位の考え方であるとしてフェミニストから批判の対象となっている。[川幡政道]
『エリザベス・ライト著、椎名美智訳『ラカンとポストフェミニズム』(2005・岩波書店) ▽ジークムント・フロイト著、中山元編訳『エロス論集』(ちくま学芸文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の男根期の言及

【精神分析】より

…上のようなフロイトの心的装置論は,今日の精神分析においてもおおむね継承されているが,新生児が混沌たるエスの塊であるという見方は疑問視されており,自我はきわめて早期に形成されてくるという見方が有力となった。 〈口唇期〉にはじまり〈肛門期〉〈男根期〉〈潜伏期〉を経てついに〈性器期〉に統合されるというフロイトの唱えた精神性的発達理論は,性愛の発達を核心に据えた一つの発達心理学である。フロイトは,口唇や肛門が対象――精神分析用語で人間対象を意味し,一個の人間全体は全体対象であり,乳房やペニスは部分対象である――との接触(たとえば授乳時の口唇)において,ないしはそれ自体の機能(たとえば便をためこんで排出するさいの快感)として,エロティックな機能を本来そなえていると同時に,これらの器官の機能を通して養育者に対する陰陽種々の感情がはぐくまれることに着目した。…

【ペニス羨望】より

…男性のペニス(男根)に対して女性が無意識的・意識的に抱く羨望をいう。フロイトの幼児性欲論に従えば,男根期(3,4歳~6,7歳)の前半において,女児は,自己の身体にペニスがないことを発見し,やがてこれを承認するようになって,男の子になりたい,すなわち男の子のようにペニスを所有したいとうらやむようになる。これはあたかもエディプス期に一致しているので,ペニスを与えてくれなかった母を軽視し,父のペニスを所有したいという願望空想となる。…

【幼児性欲】より

…この快感獲得をめざす幼児は,便をぎりぎりまでためこみ一挙に排出するので,親のトイレット・トレーニングの意のままにはならない(肛門期)。3,4歳から5,6歳になると男女ともに性器への興味をはっきり示すようになるが,それは性交を表象する興味ではなく,積極性や格別の快感をもたらすものとしての男女に共通する男根(ペニス)への関心である(男根期)。なお吸乳時において乳首を嚙むこと,ならびに排便時における貯留と排泄とには,サディスティックな満足がからむ。…

※「男根期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

男根期の関連キーワード性(sex)新フロイト派エネルギー初期経験性器愛期リビドー同一視憎しみ潜在期性器期固着退行

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android