コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑宿 はたじゅく

1件 の用語解説(畑宿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畑宿
はたじゅく

神奈川県南西部,箱根町の地区。箱根山南部,外輪山の白銀山と中央火口丘二子山,鷹巣山にはさまれた須雲川の谷にある。江戸時代には東海道の茶店があり,箱根峠を控えて繁盛した。付近には石畳の旧街道が残り,史跡に指定されている。箱根寄木細工発祥の地といわれ,その技法を生かした木工業が行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畑宿の関連情報