コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱根峠 はこねとうげ

8件 の用語解説(箱根峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箱根峠
はこねとうげ

神奈川県箱根町と静岡県函南町,三島市の境にある峠。箱根山外輪山の南部にある。標高 849m。東海地方関東地方を結ぶ最短路にあたる。平安時代開かれたといわれる湯坂路が通り,箱根山北部の足柄峠とともに利用されてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はこね‐とうげ〔‐たうげ〕【箱根峠】

神奈川県箱根町と静岡県三島市・函南(かんなみ)町の境にある峠。標高849メートル。旧東海道の要地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

箱根峠【はこねとうげ】

神奈川・静岡県境,箱根外輪山の南部を越える峠。標高849m。1618年江戸幕府が須雲川沿いの道を官道としたため,足柄峠に代わって東海道の一部となった。箱根八里と呼ばれた要害の地で,北麓に箱根関が置かれた。
→関連項目箱根[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

箱根峠

神奈川県足柄下郡箱根町にある道の駅。国道1号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はこねとうげ【箱根峠】

神奈川県と静岡県の県境をなし,箱根山古期カルデラ南端の鞍部にあたる峠。標高849m。近世,東海道一の難所であった小田原~三島間の箱根八里の中でも,畑宿(はたじゆく)から箱根峠へ至る上りが最大の難所として知られた。明治以降,箱根八里が利用されなくなって峠は一時さびれたが,明治末に宮ノ下~箱根間の国道1号線,第2次大戦後,箱根新道芦ノ湖スカイライン伊豆スカイライン(十国道路)が通じ,交通の要地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はこねとうげ【箱根峠】

神奈川県と静岡県の境、箱根外輪山の南端にある峠。国道一号線が通る。旧東海道の難所として知られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県(静岡県)〕箱根峠(はこねとうげ)


神奈川・静岡県境、箱根外輪山の南部にある峠。標高約850m。国道1号が通じ、箱根新道・芦ノ(あしの)湖スカイラインなどが分岐する。東海道随一の難所として知られ、この峠を境に東西各約16km(4里)は箱根八里とよばれた。北側に芦ノ湖の湖面が広がり、富士山の眺望がよい。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箱根峠
はこねとうげ

神奈川県の南西端、足柄下(あしがらしも)郡箱根町と静岡県三島(みしま)市との境にあり、国道1号が箱根火山の古期外輪山の西部を横切る峠。標高849メートル。東海地方から関東地方へ入る最短路にあたり、平安初期から東海道の本道となり、のち間道として利用され、江戸時代にはまた本道となった。この峠から小田原、三島両宿へは約16キロメートル(四里)で、「箱根八里」とよんでいた。峠からは、箱根火山の中央火口丘(神(かみ)山、駒(こま)ヶ岳など)、火口原湖(芦(あし)ノ湖)、火口原(仙石原(せんごくはら))、古期外輪山の諸峰をはじめ、富士、愛鷹(あしたか)の両火山、三島、沼津の市街、北伊豆平野、駿河(するが)湾などが一望に収められる。十国(じっこく)峠道路、芦ノ湖スカイライン、箱根新道がここから発している。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の箱根峠の言及

【峠】より

…現代では古道の峠路が,歩く歴史と自然の道として再評価されつつある。【戸田 芳実】
[各地の峠]
 東海道の箱根越えは,古くは足柄峠(759m)を越えていたが,富士山の噴火(801)により火山砂礫の著しい堆積でこの峠路が使用できなくなり,現在の箱根峠(849m)の路(国道1号線)が用いられるようになった。箱根火山を越える峠は他に乙女峠(1005m),湯河原峠などいくつかあり,それぞれ東海道の裏街道(国道138号線)や間道が通過する。…

※「箱根峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

箱根峠の関連キーワード箱根山箱根箱根駕籠舁唄神奈川県足柄下郡神奈川県足柄下郡箱根町強羅神奈川県足柄下郡箱根町仙石原神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平神奈川県足柄下郡箱根町箱根神奈川県足柄下郡箱根町畑宿静岡県三島市

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

箱根峠の関連情報