コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疋田豊五郎 ひきた ぶんごろう

1件 の用語解説(疋田豊五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

疋田豊五郎 ひきた-ぶんごろう

1537?-1605 織豊-江戸時代前期の剣術家。
天文(てんぶん)6年?生まれ。疋田新陰(しんかげ)流の祖。上泉伊勢守(こういずみ-いせのかみ)の門弟。豊臣秀次(ひでつぐ)につかえた。門人に山田浮月斎(ふげつさい),中江新八ら。慶長10年死去。69歳?上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は景兼(かげとも)。号は小伯,栖雲斎(せいうんさい)。通称は文五郎ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の疋田豊五郎の言及

【上泉秀綱】より

…また宝蔵院胤栄(いんえい),柳生宗厳(やぎゆうむねよし)(石舟斎)らも上泉の門下となり,宗厳には1565年(永禄8)新陰流の皆伝印可を与えた。そのほか疋田豊五郎(ひきたぶんごろう),丸目蔵人佐(まるめくらんどのすけ)など優秀な弟子が多く,上泉の道統は近世おおいに隆盛した。【中林 信二】。…

※「疋田豊五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

疋田豊五郎の関連キーワード織豊時代鎌田政近順専正玄菅沼定仍雪林大室永廓伝古等木山内久重

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

疋田豊五郎の関連情報