コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疋田豊五郎 ひきた ぶんごろう

1件 の用語解説(疋田豊五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

疋田豊五郎 ひきた-ぶんごろう

1537?-1605 織豊-江戸時代前期の剣術家。
天文(てんぶん)6年?生まれ。疋田新陰(しんかげ)流の祖。上泉伊勢守(こういずみ-いせのかみ)の門弟。豊臣秀次(ひでつぐ)につかえた。門人に山田浮月斎(ふげつさい),中江新八ら。慶長10年死去。69歳?上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は景兼(かげとも)。号は小伯,栖雲斎(せいうんさい)。通称は文五郎ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の疋田豊五郎の言及

【上泉秀綱】より

…また宝蔵院胤栄(いんえい),柳生宗厳(やぎゆうむねよし)(石舟斎)らも上泉の門下となり,宗厳には1565年(永禄8)新陰流の皆伝印可を与えた。そのほか疋田豊五郎(ひきたぶんごろう),丸目蔵人佐(まるめくらんどのすけ)など優秀な弟子が多く,上泉の道統は近世おおいに隆盛した。【中林 信二】。…

※「疋田豊五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

疋田豊五郎の関連キーワードノルウェー文学横浜市の要覧徳川秀忠アクバルナレースエンニューフランスアクバル部落問題ムガル絵画堀部邸

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone