コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痛風治療剤 つうふうちりょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痛風治療剤
つうふうちりょうやく

痛風は体内で尿酸が異常に生成し,おもに足指関節などに蓄積して強い痛みを発する疾患である。治療薬としては,尿酸排泄を促す薬物と,その生成を抑制する薬物,抗発作薬などがある。尿酸排泄薬には,腎臓の尿細管からの尿酸塩の再吸収を阻害し尿中への排泄を促進するプロベネシド,ベンズブロマロン,消炎鎮痛作用ももつスルフィンピラゾンなどがある。体内での尿酸生成を抑制し血中の尿酸値を減少させる薬剤として,アロプリノールがある。尿酸の蓄積を抑える作用があり,発作を予防,軽減するコルヒチンは,ユリ科植物から得られるアルカロイドで,胃腸刺激による急性中毒症状や血液障害,臓器障害が起ることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone