白仁甫(読み)はくじんぽ(英語表記)Bai Ren-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白仁甫
はくじんぽ
Bai Ren-fu

[生]正大3(1226)
[没]大徳11(1307)以後
中国,元の劇作家,詞人。真定 (河北省) の人。名,樸 (ぼく) 。号,蘭谷。仁甫は字。父は金の哀宗の謀臣であった白華。幼年期,父と親交のあった元好問のもとで薫育を受けた。金滅亡後,父とともに軍閥史天沢の幕客となって真定に住み,史天沢から世祖に推薦されたが謝絶。のち南宋遠征に従って南下して江南に移り住み,自然と酒と詩にふけり,金の遺民として在野のまま終った。では関漢卿王実甫馬致遠とともに元曲四大家に数えられる。現存作品は3編だが,唐の玄宗と楊貴妃の恋愛を扱った『梧桐雨』は特に有名。では豪放派に近く,詞集に『天籟集』がある。散曲にもすぐれた作品を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android