コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史天沢 してんたく Shi Tian-ze; Shih T`ien-tsê

3件 の用語解説(史天沢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

史天沢
してんたく
Shi Tian-ze; Shih T`ien-tsê

[生]嘉泰2(1202)
[没]至元12(1275)
モンゴル帝国から元初にかけての功臣。永清 (河北省) の人。字は潤甫。諡は忠武。体格,武勇に秀でていた。太祖8 (1213) 年父,兄とモンゴル軍にくだり,太宗オゴデイ即位後真定,河間,大名,東平,済南五路万戸に任じられ,漢地の四大諸侯の一人に成長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

してんたく【史天沢 Shǐ Tiān zé】

1202‐75
モンゴル帝国・元の功臣。字は潤甫。大都永清(河北省)の人。金末,河北の豪族史秉直(しへいちよく)の子。1213年,一族とともにモンゴルのムハリ(木華黎)に下った。真定(河北省)を地盤として勢力を保ち,太宗のとき万戸に任ぜられ,漢地の四大世侯に数えられる。世祖フビライには皇太子時代から信任厚く,1261年(中統2)漢人としては最初の宰相に任ぜられた。世祖に従ってアリクブカ(阿里不哥)を討ち,李璮(りたん)の反乱鎮定にも功をたてた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

史天沢
してんたく
(1202―1275)

中国・金朝末、モンゴル軍に協力した、河北の有力者。史氏一門出身。兄の天倪(てんげい)がモンゴルの支配に反対する武遷に殺されたのち、都元帥職を継ぎ、真定(河北省正定県)に鎮守し、河北四大軍閥の一つとなった。1260年、フビライが弟アリク・ブハとハン位を争ったときは、フビライについて、中書右丞相(ちゅうしょうじょうしょう)に任じられるとともに戦功をあげ、また同時期の山東の軍閥、李(りたん)の蜂起(ほうき)の鎮圧にも力があった。また、フビライの侍衛軍団が同時期につくられたが、その将校15人中6人が史天沢の麾下(きか)であった。74年、南宋(なんそう)平定軍を率いたが、途上、病を得て、翌年死去した。[松田孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

史天沢の関連キーワードオノン川聖武親征録蒙古帝国モンゴル帝国モンゴル文字蒙古ヤマダモンゴル杉山正明ヤサ《モンゴル帝国史》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone