コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白扇 ハクセン

デジタル大辞泉の解説

はく‐せん【白扇】

模様などのない、白地のままの扇。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はくせん【白扇】

埼玉の日本酒。酒名は、無垢の美しさを表す「白」と、末広がりの願いを込めた「扇」を合わせて命名。大吟醸酒、純米吟醸酒純米酒、本醸造酒、普通酒などがある。平成2、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石、日本晴など。仕込み水は名水百選のひとつ「日本水(やまとみず)」。蔵元の「藤﨑摠兵衛商店」は享保13年(1728)群馬で創業。宝暦6年(1756)現在地で酒造業を開始。所在地は大里郡寄居町大字寄居。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

はくせん【白扇】

書画の書かれていない、白地の扇。 [季] 夏。 《 -や袴著けたるお城番 /酒井黙禅 》
[句項目] 白扇倒に懸かる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白扇の関連キーワード長谷川 裕見子藤山扇治郎婚礼衣装村井白扇石川丈山白妙揚げ鳳凰の舞ここ一番花美蔵馥美蔵書画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白扇の関連情報