白面(読み)はくめん

精選版 日本国語大辞典「白面」の解説

はく‐めん【白面】

〘名〙
① 素顔。
② 顔色の白いこと。色白の顔。多く、若い男にいう。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉六「紅顔の老翁と白面(ハクメン)の青年と、琅々たる連管に無念無想の有様は」 〔杜甫‐暮秋枉裴道州手札卒爾遣興寄逓呈蘇渙侍御詩〕
③ (②から転じて) 公家などの貴人。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉三「武人の功労全く無効となりて其利は白面の人に奪はれたり」
④ 年少で未熟なこと。
※文徳実録‐嘉祥三年(850)五月壬午「野上対、是京洛一白面耳」 〔徐陵‐河東康簡王墓誌〕

しろ‐つら【白面】

〘名〙 歌舞伎の化粧法の一つ。顔を白く塗るもの。現在では、赤面(あかづら)敵役に対し、正義を表現する立役の化粧をいうことが多い。古くは、顔に何も塗らないで、単独に正義を表現し、荒事を演ずる勇者をいうこともあった。しろっつら。白塗り。
※評判記・役者正月詞(1726)江戸「此時は顔をぬられず白面の角(すみ)前髪見ごと見ごと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「白面」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「白面」の解説

【白面】はくめん

美顔。また、若輩。〔宋書、沈慶之伝〕陛下、今、國を伐たんと欲して、白面の書生輩と之れを謀る。事、何に由りてか濟(な)らんや。

字通「白」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android