コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白蘞 ビャクレン

デジタル大辞泉の解説

びゃく‐れん【白×蘞】

ブドウ科の蔓植物(つるしょくぶつ)。葉は手のひら状の複葉で、葉と対生して巻きひげがある。夏、葉と向かい合って花柄を出し、淡黄色の小花を多数つける。中国の原産で、日本には江戸時代渡来塊状の根は食用、また漢方で薬用にする。かがみぐさ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びゃくれん【白蘞】

ブドウ科のつる性植物。中国原産で、江戸時代に渡来。葉は掌状複葉。夏、葉と対生に花序を出し、淡黄色の小花を多数つける。根は生薬として解熱・鎮痛などに用いる。カガミグサ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白蘞 (ハクレン)

学名:Hypophthalmichthys molitrix
動物。コイ科の淡水魚

白蘞 (ビャクレン・カガミ;ヤマカガミ;ヤマカガム)

学名:Ampelopsis japonica
植物。ブドウ科のつる植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

白蘞の関連キーワード夜末賀々美カガミグサ掌状複葉

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android