コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔓植物 ツルショクブツ

大辞林 第三版の解説

つるしょくぶつ【蔓植物】

茎や幹が細長くて直立せず、他物を支えとしてこれに巻きついたり、付着したりして生長する植物の総称。草木または低木で、茎自身が他の植物などに巻きつくフジ・アサガオ、巻きひげでからみつくエンドウマメ・ウリ、茎から不定根を出して付着するツタ・ポトスなど、多様な器官の変態が見られる。藤本。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蔓植物の関連キーワード藤本・籐本モンステラ蓮の葉葛木香薔薇牡丹蔓木天蓼野葡萄緑の鈴バニラガラナ不定根蔓手毬風藤葛風車蒟醤袴葛器官低木藻玉白蘞

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android