コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白蘭 はくらんBai-lan; Pai-lan

4件 の用語解説(白蘭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白蘭
はくらん
Bai-lan; Pai-lan

中国史料が吐谷渾 (とよくこん) に隣接する国として,四川省雑谷脳周辺に比定するもの。その位置から,白色を重んじたスムパ Sum pa族のラン rLangs氏に相当するものと推定される。中国史料で白蘭は丁零であると伝えられるが,チベットの伝承ではスムパ族を北方民族と同様にホルパ Hor paと呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はくらん【白蘭】

広島の日本酒。大吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。平成13、14、16、20、21年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、雄町、八反錦など。蔵元の「白蘭酒造」は明治37年(1904)創業。所在地は三次市三次町。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白蘭の関連情報