コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白話文学 ハクワブンガク

デジタル大辞泉の解説

はくわ‐ぶんがく【白話文学】

中国文学で、口語(白話)を使用して書かれたもの。元代の戯曲や明・清代の白話小説以前は大衆文学の領域に属していたが、口語に積極的な価値をみる胡適の提唱や魯迅の作品などにより、1920年代以降国民文学として定着した。→文学革命

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はくわぶんがく【白話文学】

〔口語体で書かれた文学の意〕
中国の近代文学を形式・内容の上から特徴づける呼称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の白話文学の言及

【文学革命】より

…中国で1917年,アメリカ留学中の胡適が《新青年》誌に寄せた論文〈文学改良芻議〉に端を発した白話(口語)文学運動。胡適論文は,文語表現が古人の模倣に終始し,対句や典故,常套語を濫用し形式主義に陥っているとして批判,いかなる時代もその時代独自の文学を創造すべきであり,俗字俗語をもまじえた言文一致の白話文学こそ今日の文学でなければならないと提唱し,その主張を8項目にまとめたものである。…

※「白話文学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白話文学の関連キーワード都賀庭鐘近代文学口語体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android