コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳥陵 シラトリノミササギ

大辞林 第三版の解説

しらとりのみささぎ【白鳥陵】

〔死後白鳥になったという伝説から〕
日本武尊やまとたけるのみことの陵。伊勢国能褒野のぼの・大和国琴弾原ことひきのはら・河内国旧市邑ふるいちのむらの三か所にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白鳥陵の言及

【陵墓】より

墳墓【秋山 進午】
【日本】
 皇室の墳墓で宮内庁が管理するものをいう。宮内庁法によって,宮内庁が管理している陵,墓,分骨所,火葬塚,灰塚,分骨塔,髪・歯・爪埋納の塔および塚,天皇皇族塔,陵墓参考地,殯斂地(ひんれんち),陪冢,白鳥陵などである。陵墓は皇室用財産に指定され,皇室の用に供する目的をもった国有財産である。…

※「白鳥陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白鳥陵の関連キーワード大阪府羽曳野市軽里古市(大阪府)軽里大塚古墳古市古墳群日本武尊

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白鳥陵の関連情報