コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大義名分論 たいぎめいぶんろん

3件 の用語解説(大義名分論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大義名分論
たいぎめいぶんろん

江戸時代の封建体制下の支配的イデオロギー江戸幕府が設定した士農工商身分社会制は,儒教思想を基本とする君臣の支配服従関係を絶対化する大義名分論によって支えられた。大義は重大な義理,名分は名義に伴う分際の意味である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいぎめいぶん‐ろん【大義名分論】

君臣・父子の別をわきまえ、上下の秩序や礼節を重んじる思想。江戸時代封建社会の倫理的支柱とされ、幕末には天皇に対する忠誠を求める尊王論へとすり替えられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいぎめいぶんろん【大義名分論】

主従関係において、臣下の分を尽くすべきことを主張する思想。江戸時代、封建的主従関係の倫理とされ、幕末には尊王攘夷運動にも利用された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone