コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皖南事件 カンナンジケン

大辞林 第三版の解説

かんなんじけん【皖南事件】

〔「皖」は安徽あんき省の別名〕
1941年一月、中国安徽省南部で、長江以北へ移動中の新四しんし軍を国民党軍が攻撃し、大損害を与えた事件。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皖南事件
かんなんじけん

1941年1月、中国、安徽(あんき/アンホイ)省南部(皖は安徽省の略称)で発生した国民党軍による共産党軍襲撃事件。新四軍(しんしぐん)事件ともいい、抗日戦争中最大の国共武力衝突であった。当時、国民党との話し合いにより、揚子江(ようすこう)以北へ移動中の新四軍江南部隊約9000は、突然国民党軍約7万の包囲、攻撃を受け、9日間の激戦のすえ、兵6000余を失い、中国共産党東南局書記項英(こうえい/シアンイン)は殺害、軍長の葉挺(ようてい/イェティン)は捕虜となるなど大打撃を被った。当時、国民党は、中国共産党の活動を極力黄河以北に封じ込めようとし、中国共産党側は、「独立自主」の遊撃戦と解放区拡大を目ざして活動していた。この事件は、そのような国共対立のなかで起きたものであるが、項英自身についても、王明(おうめい)(陳紹禹(ちんしょうう/チェンシャオユー))路線との関係で、新四軍指導上の責任が問われている。中国共産党は3月の第二期国民参政会への出席を拒否するなど、国民党に対する強い抗議の意志を示したが、国共間の完全な決裂にまでは至らなかった。[安井三吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

皖南事件の関連キーワード安徽(省)日中戦争項英草明別名葉挺

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android