コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皖南事件 カンナンジケン

3件 の用語解説(皖南事件の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんなん‐じけん〔クワンナン‐〕【皖南事件】

1941年、中国安徽省(皖水の南)で起こった共産党新四軍国民党軍の武力衝突事件。国共合作に伴う中共軍の再編をめぐる対立が原因。新四軍が大打撃を被った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんなんじけん【皖南事件】

〔「皖」は安徽あんき省の別名〕
1941年一月、中国安徽省南部で、長江以北へ移動中の新四しんし軍を国民党軍が攻撃し、大損害を与えた事件。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皖南事件
かんなんじけん

1941年1月、中国、安徽(あんき/アンホイ)省南部(皖は安徽省の略称)で発生した国民党軍による共産党軍襲撃事件。新四軍(しんしぐん)事件ともいい、抗日戦争中最大の国共武力衝突であった。当時、国民党との話し合いにより、揚子江(ようすこう)以北へ移動中の新四軍江南部隊約9000は、突然国民党軍約7万の包囲、攻撃を受け、9日間の激戦のすえ、兵6000余を失い、中国共産党東南局書記項英(こうえい/シアンイン)は殺害、軍長の葉挺(ようてい/イェティン)は捕虜となるなど大打撃を被った。当時、国民党は、中国共産党の活動を極力黄河以北に封じ込めようとし、中国共産党側は、「独立自主」の遊撃戦と解放区拡大を目ざして活動していた。この事件は、そのような国共対立のなかで起きたものであるが、項英自身についても、王明(おうめい)(陳紹禹(ちんしょうう/チェンシャオユー))路線との関係で、新四軍指導上の責任が問われている。中国共産党は3月の第二期国民参政会への出席を拒否するなど、国民党に対する強い抗議の意志を示したが、国共間の完全な決裂にまでは至らなかった。[安井三吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皖南事件の関連キーワード孫桐唐熊安徽省安徽派垓下安徽烏江ひすい歙州硯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone