コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盆山 ボンサン

デジタル大辞泉の解説

ぼん‐さん【盆山】

庭に石などを積み上げてつくった人工の山。
箱庭や盆栽の上に自然の石や砂を用いてつくった山。

ぼんさん【盆山】[狂言]

狂言。ある男が盆山を盗みにはいると主人に見つけられ、犬や猿の鳴きまねをさせられたうえ鯛(たい)の鳴き声まで要求されて逃げ出す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼんざん【盆山】

庭などに石を積み上げ、苔こけなどをつけて作った人工の山。
盆の上に趣ある自然石や砂で山を形どり、その風趣を味わうもの。 「 -に那智石を蒔きて/浮世草子・一代女 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の盆山の言及

【盆景】より

…石を盆に載せ,その周辺に砂で風景を描く芸道。広くは盆石と呼ばれ,盆山ともいわれる。江戸時代に流行し,座敷飾の一つとして一般化した。…

【盆石】より

…江戸時代中期以降には盆石は文人趣味の一つとして流行し,清原流,竹屋流,相阿弥流,細川流など多数の流派を生んだ。また伝書も種々あらわれ,《蒹葭堂盆石志》《盆山秘言》などが読まれている。盆石は中国の仮山と同じく,本来石だけを盆に据えて鑑賞するものであったが,後には盆山,盆景,盆画,盆庭などと呼ばれる縮景の遊びも含むようになった。…

※「盆山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盆山の関連情報