(読み)ぼん

デジタル大辞泉の解説

ぼに【盆】

《「ぼん」の撥音「ん」を「に」と表記したもの》
盂蘭盆(うらぼん)。ぼん。
「十五、六日になりぬれば、―などするほどになりにけり」〈かげろふ・上〉
盆の供養の布施物。
「御―どもは例の数候ふや」〈宇津保・内侍督〉

ぼん【盆】

《「盂蘭盆(うらぼん)」の略》
盂蘭盆のこと。お盆 秋》「御仏は淋しき―とおぼすらん/一茶
盂蘭盆の供物・布施。
「七月十五日に―を奉りし女」〈今昔・二四・四九〉

ぼん【盆】

物をのせて運ぶのに用いる縁の浅い平たい器。
丁半ばくちで、壺を伏せる所。盆茣蓙(ぼんござ)。また、ばくち場。賭場。「を開く」
平たい鉢形の瓦器。「覆水(ふくすい)に返らず」
家。宿。また、席。特に、男女密会の席。
「逝(い)なうにも―はなし」〈浄・歌祭文

ぼん【盆】[漢字項目]

常用漢字] [音]ボン(呉)
口が大きく開いた浅い器。「盆景盆栽盆石
くぼんだ形。「盆地海盆
食器などをのせて運ぶ平たい道具。「角盆茶盆丸盆
盂蘭盆(うらぼん)。「旧盆新盆(にいぼん・あらぼん)初盆(はつぼん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

盆【ぼん】

7月15日を中心に行われる祖先の霊をまつる行事をいい,盂蘭盆(うらぼん)の略語とされるのが通説だが,日本各地の行事の中には仏教以外の古い信仰の形をとどめているものが多い。死者,精霊を〈みたま〉としてまつるだけでなく,現存の親を〈いきみたま〉とし,魚をとって供え,もろこいはい,生盆(いきぼん),ぼんざかななどと称する。〈ぼん〉とは,これらをのせて供した器の名に由来するともいわれる。また,盆の期間も6月晦日から7月16日までの長い間だったと考えられ,正月行事に匹敵する大切な行事であった。→精霊流し灯籠流し盆踊盆小屋
→関連項目盂蘭盆会祖先崇拝タイマ(大麻)魂祭中元祭り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

お盆は旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式で、先祖の霊があの世から現世に戻ってきて、再びあの世に帰っていくという日本古来の信仰と仏教が 結びついてできた行事です。多くの地方で8月13日の「迎え盆」から16日の「送り盆」までの4日間をお盆としていますが、地方によっては7月一杯をお盆 とする地域や旧暦通り7月15日を中心に行う地域などがあります。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

葬儀辞典の解説

先祖の霊を家に迎え、供養する行事。一般には7月13日から15日までの期間に行われますが、地方により旧暦の7月、あるいは8月13日から15日に行うところもあります。=盂蘭盆(うらぼん)

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼに【盆】

〔「ぼん」の「ん」を「に」と表記したもの〕
ぼん。また、その時の供物くもつ。 「十五六日になりぬれば-などするほどになりにけり/蜻蛉

ぼん【盆】

ふちが浅くて平たい、物を載せる器。 「 -に載せて運ぶ」 「 -のように丸い月」
「盆茣蓙ござ」のこと。また、転じて博打ばくちのこと。
家。すまい。宿。 「おりや逝いなうにも-はなし/浄瑠璃・新版歌祭文」 〔もと大皿や洗面用の平たい水鉢などをいう〕
[句項目] 盆を敷く 盆を翻す

ぼん【盆】

盂蘭盆うらぼんの略。 [季] 秋。
盂蘭盆に供える供物、また布施。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼに【盆】

〘名〙 (「ぼん」の撥音「ん」を「に」と表記したもの) 七月一五日に行なわれる仏事。また、その際の供物
蜻蛉(974頃)上「十五六日になりぬれば、ぼになどするほどになりにけり」

ぼん【盆】

〘名〙
① ひらたい瓦器。ひらか。鉢。〔荘子‐至楽〕
② 浅い縁のある、物をのせて運ぶための板状の具。材質は木、金属、プラスチック、竹などで、形も方形、円形など種々ある。〔運歩色葉(1548)〕
③ 博打(ばくち)で、さいころを振り出すところ。ぼんござ。転じて、博打場。賭場。
浮世草子・渡世身持談義(1735)三「上座と思しき所に金の盆(ボン)を敷て」
④ 博打。勝負。
浄瑠璃箱根霊験躄仇討(1801)七「こちでするぼんは、いつでもアノ下た家」
⑤ 家。宿。すまい
※浄瑠璃・奥州安達原(1762)二「えいわ待ってやらうというてもぼん無しなりゃ、いんで居る内がない」
⑥ 男女密会の席。
洒落本・浪花色八卦(1757)桔梗卦「色事中宿も盆(ボ)んと唱へて」
⑦ (その形が②に似るところから) 回り舞台の円形の部分。

ぼん【盆】

〘名〙
① (盂蘭盆(うらぼん)の略) 七月一五日に行なわれる仏事。《季・秋》
※俳諧・古活字版中本犬筑波集(1532頃)恋「ほんには人のかよふたまづさ むかしよりその文月のこひのみち」
② 盂蘭盆の際の供物・布施。
※枕(10C終)三〇七「七月十五日、ぼん奉るとて」
③ 盂蘭盆の七月一五日前後数日の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

盆の関連情報