コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盗人萩 ヌスビトハギ

デジタル大辞泉の解説

ぬすびと‐はぎ【盗人×萩】

マメ科の多年草山野に生え、高さ60~120センチ。基部はやや木質化する。葉はまばらにつき、3枚の長卵形の小葉からなる複葉。夏から秋にかけ、淡紅色、まれに白色の蝶形の花が咲く。豆果のさやはふつう2節からなり、節は半月形で、表面の(かぎ)形の細毛で人の衣服などにくっつく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬすびとはぎ【盗人萩】

マメ科の多年草。山野に多い。高さ80センチメートル 内外。葉は長卵形の小葉三枚から成る。7~10月、淡紅色の小花を長い総状花序にまばらにつける。花後、半月形の節二節から成る豆果を結び、かぎ状の毛があって衣服などにつきやすい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

盗人萩 (ヌスビトハギ)

学名:Desmodium podocarpum subsp.oxyphyllum var.oxyphyllum
植物。マメ科の多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

盗人萩の関連キーワード小花内外

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android