コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相間移動触媒 そうかんいどうしょくばい phase transfer catalyst

1件 の用語解説(相間移動触媒の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうかんいどうしょくばい【相間移動触媒 phase transfer catalyst】

水に可溶な物質と油に可溶な物質というように極性の著しく異なる物質を反応させる場合,その溶液系が不均一系となり,それぞれの物質が異なる溶媒相に存在するため,両者の接触が困難で,反応速度がきわめて小さいことが多い。このような場合,長鎖アルキルホスホニウム塩のように,水,油の両相に溶解性をもつ有機物を共存させると,たとえばアルキルホスホニウム塩が水相に存在する反応物イオンをとりこみ,反応場である有機相に移動させて,そこにある試薬と接触させ,さらに生成した不要イオンを水相に運んで廃棄する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相間移動触媒の関連キーワードアルブミン硫酸ナトリウム可溶可溶性カロース代謝生成物突然変異誘発物質誘導脂質キルシュネル価VOC(揮発性有機化合物)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone