コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省察録[デカルト] せいさつろく[デカルト]Meditationes de prima philosophia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

省察録[デカルト]
せいさつろく[デカルト]
Meditationes de prima philosophia

デカルトの形而上学における主著。正式には『第一哲学に関する諸省察』という。ラテン語本文は 1640年4月完成し,41年8月パリで初版を出した。これには6編の駁論答弁が添えられている。 42年アムステルダムで再版が出され,これには新たに第7の駁論と答弁が添えられた。仏訳は少くとも第5の駁論と答弁を除いては著者自身が目を通したうえで 47年パリで出版された (第7の駁論と答弁は 1661年) 。本文は6つの省察より成り,1つずつが1日の省察という黙想録ないし日記のような形式で書かれ,著者は読者に十分な時間をかけてともに省察して思索の歩みをみずからたどることを求めている。第1省察で方法的懐疑のだいたいが示され,以下考えるわれの存在とその諸性質,神の存在,真と偽に関する判断論,物体の本性と神の存在証明,物体の存在と心身の区別が主題とされる。この精神から神へ,神から物体への上がって下がる構成のなかに,近世哲学の礎石となった幾多の理論が盛りこまれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android